我が志アフリカにあり・新版

あなたは自分の「志」について考えたことがありますか?

著者・島岡由美子が、学生時代に夏の北海道旅行で知り合った島岡強は、志の重要さと「先憂後楽」「一期一会」を説く「カクメイジ(革命児)」だった。
彼が発する強力な磁力にひきつけられて、結婚。島岡強とともにアフリカに渡った島岡由美子が身を持って体験したのは、異文化の厳しい現実。そしてなによりも、「自分は何のために生きているのか」という根源的な問いかけと直面せざるをえない試練だった。
タンザニアのザンジバルで、1987年から、漁業、運送業、輸出産業育成、柔道指南などさまざまな現実的実践を行っている島岡強の活動と、その根源をなす強靭な思想を、妻・同伴者の立場から、クールにそしてホットに描き切ったノンフィクションの秀作に、新たに60点を超える写真を加えて「新版」として出版する。
発想力と行動力の衰退と、硬直した内向き志向が目立つ現代日本人にとって、遠いアフリカの地に根づいて、「志」を説き続ける日本人夫婦の姿は、新鮮な衝撃をもたらすものである。
口先だけで空疎な「扇動屋」とも、ただ壊すことだけが目的の「戦争屋」とも異なり、アフリカの人々の生活を変え、意識を変えようと、独力で地道な努力を重ね、成果を生み出している彼らの軌跡は、私たちの現在と将来について改めて考えるきっかけを与えてくれる。

1987年からザンジバルに暮らす日本人の軌跡は、人間存在の本質について考えさせる。
たゆみない実践と日々の喜怒哀楽とを心やさしいまなざしで描くノンフィクションの秀作に、写真ページを加えた新版。
2003年朝日新聞社より刊行された「我が志アフリカにあり」が、2012年9月、写真ページを加えて装い新たに新版発刊!


続・我が志アフリカにあり

私たちは、世の中のために何ができるのか?
タンザニアのザンジバルで25年。真のアフリカ独立・自立をめざして、漁業、運送業、製品輸出、文化振興、そして柔道普及を着実に実践する日本人の思想と活動を描くノンフィクション、待望の第2弾。

作者は、「革命児」島岡強とともにアフリカに渡り、ザンジバル(タンザニア)を拠点にしてアフリカ独立革命という大義名分のもと、様々な実践をし始めてから四半世紀。彼らの実践の軌跡を描く好評ノンフィクションの続編。

と聞くと、革命を唱える暴力至上主義者かテロリストかの活動記録か、という大きな誤解を生んでしまいかねないが、実際は、まったく逆だ。今もなお、先進諸国の経済的支配の下で貧困にあえぐアフリカの地で、漁船を造ることから始めた漁業、運送業、インスタントコーヒーなどの製品や物産の輸出。さらに、たしなんできた柔道の普及にも尽力。といった、草の根からの地道な活動の積み重ねによって、アフリカの人たちの生活を変え、心を変えようとする、日本人夫婦の姿を、自ら描ききった読物である。
しかし、彼らの活動は、「孤軍奮闘」ではない。「一期一会」と「先憂後楽」などの精神をもとにする島岡強の「志」は、日本とアフリカの多くの人たちの心をとらえて、共鳴の渦を造り出している。彼らの活動は、着実に、確実にその歩を広げてきているのだ。
だからこそ、この本の性格を一語で表すのは、「我が志アフリカにあり」という前著の書名にちなめば、「我等が志アフリカにあり」であると言うことができよう。

経済指標だけに人々の関心が向かいがちな現代社会で、この本によって、真正面から「志」の意義を説き、さらに、それをもとに実践していく力を持つ桁外れの魅力的な人間像に触れる時、私たちは、一人の人間として、生きることの意味を考えざるをえなくなるだろう。

~本文あとがきより抜粋~
「男は志と一死あるのみと言い切る島岡だが、志得ればさらに多くの人と共に歩くために、もっと道幅を広げていくはずだ。私もその道から外れず、島岡と、そして志をともにする仲間達と一緒に歩いていきたい。再会と、新しい出会いと、世代も国境も越えた、変わらぬ志と友情があるこの道に沿って。いつか、天が私を土に還す日が来るまで。」
たゆみない実践と日々の喜怒哀楽とを心やさしいまなざしで描くノンフィクションの秀作「我が志アフリカにあり」から、2013年4月、待望の続編発刊!


アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷、タンザニアを中心に~ [単行本]